恋愛のコラム

ここで差がつく!モテる女子とモテない女子の違いはここにあった

恋愛 2017.01.05

「モテる人」と「モテない人」って、一緒に居ればなんとなくわかるものですよね。

その差は、外見で決まっているわけではありません。

「可愛い人」と「モテる人」は別モノ!!
女性
見た目は普通なのに、「なんだか魅力的だなぁ」と思う人と、見た目は可愛いのにあまり周りに好かれない人…

その具体的な違いは、一体どこからきているのでしょうか?

今回は、相手への接し方や、休日の過ごし方、SNSの使い方など、あらゆる普段の生活からモテ・非モテの違いを徹底的に調査していきます!

〜基本編〜

外見ばかり磨いていても、”真のモテ女子”にはなれません!

まずは、普段の生活や行動を見直してみましょう。
飲み会

○→周りのことを考え、常に気遣いができる

モテる人の特徴は、どんなシーンでも男女関係なく普段から周りを見て行動をします。

何事も人に任せっきりではなく、自分から積極的に動くことで、「あの人はしっかり行動できている」と好印象を与えます。

周りの人たちをよく観察して、自分がどんな立場なのかをきちんと弁えましょう。

×→周りの人にまかせ、自分からは何も動かない

例えば掃除や片付けのときなど、いつも「誰かがやるからいいや!」と思い込んでしまう人は、なかなかモテ女子にはなれません。

みんながちょっと嫌がることでも、自分から進んでやってみてください。

周りから感謝されますし、印象がグンとアップするはずです。

〜会話編〜

どんな時でも欠かせないのが「会話」。

普段の何気ない場面でも、相手の気持ちを考えながら話せる人は、とても話していて気持ちがよく、一緒に居て楽しいです。
耳

○→相手の話をよく聞き、話を盛り上げられる

相手の話していることをよく聞いて、さらに話に入って盛り上げることで、相手の気分が良くなります。

聞き上手になりましょう。きちんと相槌をうつことはもちろん大切ですが、適度にリアクションも取り、相手の気分を高めてあげることが重要です。

自分から話すことが苦手そうな人には、気さくに話しかけあげると「親しみやすい人」に見られます。

×→自分のことばかり話し、会話のキャッチボールができない

自分のことをどんどん知ってもらうことは大切ですが、自分のことばかり話し続けると、聞いている人はつまらなくなってしまいます。

また、会話がすぐに止まってしまう人の特徴は、何か聞かれる・質問される→答える→終了!のパターンが多いです。

会話に困ったときは、そっくりそのまま同じことを聞き返すだけでも、自然と会話が盛り上がることが多いですよ。

〜休日の過ごし方編〜

あなたはお休みの日を、どのように使っていますか?

モテる女子は、休日を効率的に使います。
女性

○→外に出て、色々な場所やものに触れ、自分の好きなことに費やす

せっかくの休日は、外に出てみましょう。

時間を上手に使いながら、息抜きをきちんとすることで身体も気持ちもリフレッシュされます。

きちんと朝起きて、自分の趣味等に時間を費やす日、友人等と会う日を分けたりすることも大事。

また、自分磨きとして買い物やメイク、ファッションの研究をしたり、ジムに行くなどして身体を動かすことで、どんどん魅力的な女性になっていくはずです。

×→ダラダラと1日中家にひきこもり、コミュニケーションをとらない

1日中寝ていたり、ひきこもっていては人として何も進歩がありません。

趣味に時間を費やす、外に出てみる…まずは行動しましょう!

体調管理をしっかりすることもとても大切。夜更かしは厳禁です。

休日はお風呂にゆっくりつかり、規則正しい食事、十分な睡眠をとることでお肌に健康的です。

〜ギャップ編〜

ギャップとは、それまでの相手のイメージと違った、意外な一面が見えたときに感じる好印象のことです。

「ギャップ萌え」という言葉ができるくらい、ギャップはモテに繋がります。

では一体、どのようなギャップがモテるのでしょうか?
女性

○→女の子らしい一面や、しっかりした一面

いつもしっかりしているのに、たまにおっちょこちょいな一面を見せたり、その逆だったり。

苦手そうで得意な料理、意外と女の子らしいファッション…そういった定番のものだけでなく、

思いっきり歯を見せて笑ったり、髪型をアップにしたりするだけでも男性はギャップと判断し、ドキっとすることも多いんだとか。

×→わざとらしい、計算高い

「明らかにギャップ狙ってきたな」というのは、男性から見ても女性から見てもわかります。

無理にギャップを狙うくらいなら、ありのままの自分で自然にいましょう。

〜SNSの使い方〜

いまや使うのが当たり前になってきているSNS。

モテる人はどのように使っているのでしょうか?
携帯

○→頑張りすぎない、プライベートをほどよく入れる。

日々の出来事でのちょっとしたお気に入りの写真や、共感できそうなつぶやきは見ていておもしろいです。

高級ディナーや海外旅行など、みんなにうらやましがられたいがために、自慢の写真を固めてアップしていくのは要注意。

×→愚痴を書きすぎ、自分を出しすぎる

嫌なことがあったときは、SNSでなんでもつぶやいて、ストレスを発散させたい気持ちもわかります。

しかし、見ている人にとっては気持ちの良いことではありませんよね。

また、自分の楽しんでいる姿をアップしすぎたり、自分を隠しすぎたりすると、自分はこの人と遊んだ時、きちんと楽しんでくれるのかな、と不安になったりもします。

身近なところからモテ要素を磨きましょう!

いかがでしたか?

モテる人・モテない人との差は、意外と身近な部分で改善できることが多いんですよね。

いつも明るく笑顔で、普段の生活を心がけることで、自然と人は寄ってくるものです。
fotoliacomp_130525639_4hhzyzt3sflaswx40zwikj7pyqajoj2i_nw40

関連するコラム

関連するキーワード

ページトップへ戻る