メイクのコラム

パンダ目女子はモテないぞ!いつものアイメイクを劇的にキープしちゃう◯◯の使い方講座♪

メイク 2016.09.28

お出かけ前にばっちりキメたアイメイク! この目チカラならお目立ち度も満点……、なはずが汗でヨレて目まわり真っ黒! なんてお悩みを抱えたパンダ目女子は、シーズンレスに存在しています。
アイメイクをする女性
そこでこのパンダ目問題をなんとかするべく、ちょっとしたメイクテクニックをご紹介します♪

下まぶたのキワまでサラサラに

パンダ目の原因は、皮脂や汗などの油分だけではありません。乳液やアイクリームなどのスキンケアアイテムも、目元メイクをヨレさせる原因になっているんです!
メイクアイテムを持つ女性
だからアイメイクに取りかかる前には、まぶたの周りはフェイスパウダーでサラサラの状態にすることが鉄則。特にパンダ目になりやすい「下まぶた」には、パフの角を使ってキワまできちんとパウダーを塗っておきましょうね。

フェイスパウダーがポイント

パウダーのアイシャドウを使う時も、前もってフェイスパウダー(もしくはアイメイク専用の下地)を付けてから、指でなでつけて! まぶたにしっかりと密着させることで、まばたきによるヨレを防ぎます。

この段階では、ベースとなる薄色のアイシャドウをアイホールに塗るだけでOK♪

ペンシル×リキッドも

指でアイシャドウをつけたら、次はアイライナー。

基本的に「落ちにくい」アイライナーの順番

  1. リキッド
  2. ジェル
  3. ペンシル

リキッドタイプは乾くまでにまばたきをしてしまうと悲惨なコトになりますが、完全に乾かしてしまえば落ちにくさはバツグン♡ 

速乾タイプもあるから、普段はペンシルですぐにグチャグチャになっちゃうコもリキッドアイライナーにチャレンジして!
アイライナー各種
もしもリキッドが不慣れな場合は、ペンシルで引いてからリキッドを上からさっと引けば、書きやすくて持ちも◎。

アイシャドウではさむ!

アイラインを引いたら、やっぱりここでパウダーの登場。でもこれを、パウダーアイシャドウにしてしまってもいいんです。

アイラインの上から、キワ用の濃色シャドウをチップで重ねれば、パウダーとパウダーがアイラインを挟んで密着感を倍増。

この後マスカラを塗る時は、きちんとマスカラコームを使ってダマを取るのが、パンダ目防止の最終ポイントになりますよ♪
華やかな女性
これらの工程でアイメイクをすれば、いつもと同じアイテムでもパンダ目率がグッと下がるはず! キレイな目元を一日キープするために、ちょっとした一手間を忘れずにやってみてね。

関連するコラム

関連するキーワード

ページトップへ戻る