メイクのコラム

マスクをしても崩れにくいメイクの裏技!マスクを外したらヨレヨレの顔なんて、もう嫌〜!!

メイク 2017.01.24

マスクは風邪を引いたときや体調が悪いときにつける印象ですが、最近では予防、防寒、顔のコンプレックスを隠すものとしても使われていますよね。

そんなマスクですが、普段からメイクをする女性からするとちょっと厄介。

喋って口を動かすことで肌と擦れたり、呼吸による湿気で、非常にメイクが崩れやすくなってしまうんです。
マスク
できれば人と会っている間は外したくないですし、崩れたところは見られたくないですよね。

でも、食事のときには外す必要があったり、苦しくなって外したいときもあります。

今回は多くの人が悩みを抱える「マスクをした時のメイク崩れ」について、とっておきの改善法をご紹介します!

マスクをしても崩れにくいメイクの裏技

最近では「メイクが落ちにくいマスク」なども販売されていますが、普通のマスクより値段が高かったり、売っている場所が少なかったりします。

そこで、どこにでもある普通のマスクでも、メイクが落ちない方法を徹底的に調べた結果、とっておきの改善法を発見したのでみなさんにご紹介します!

裏技① リキッドファンデーションはNG!

リキッド
カバー力も高く、綺麗に仕上がるリキッドファンデーションですが、マスクをする日には実は向いていません。

リキッドファンデーションは、呼吸による湿気でドロっと崩れやすく、マスクにもベッタリとくっついてしまいがち。

マスクをする日のファンデーションは、絶対にパウダーファンデーションがおすすめです。

パウダーのためマスクにも移りづらく、もし崩れた場合でもわかりにくいのがポイント。

下地をつけたあと、薄めにパウダーファンデーションを馴染ませましょう。

マスクの内側にも軽くパウダーを叩いておくと◎!

裏技② マスクをつける前にパウダーをはたく

パウダー
フィニッシングパウダー、プレストパウダー、ルースパウダーなどをマスク着用前に軽くはたくことで、肌とマスクの間にクッションができ、メイクが崩れにくくなります。

裏技③ メイク完了後は顔全体をティッシュオフ!

ティッシュ
メイクを終えた後は、顔全体をティッシュでおさえておくと、ペタつき感が薄れマスクに移りにくくなります。

また、マスクを外したあと肌のテカリ等を直す際も、ティッシュできちんとおさえてからパウダーをのせると自然になります。

裏技④ チーク後はパウダーでしっかりカバー

チーク
マスクが一番顔に当たる部分は、鼻、頬、顎です。

その中でもチークは頬の一番当たりやすい部分にあたるので、きちんとカバーしてあげましょう。

チークのタイプはパウダーではなく、リキッドチーク、クリームチークが落ちにくくおすすめです。

その後にパウダーファンデーションやお粉をしっかり叩くことで、より落ちにくいチークに仕上がります。

裏技⑤ アイシャドウは明るめをチョイス

アイシャドウ
マスクを着用すると目しか見えなくなるので、アイメイクはバッチリと…!

と思いがちですが、実は逆効果なんです!

眼鏡の人がマスクをしたときにレンズが曇ってしまうように、マスクの中で吐いた息は、目の下部分から通り抜けます。

マスクをするとアイメイクもベースメイクと同様に崩れやすく、目の下にドヨ〜ンとクマっぽく落ちてしまいがち。

シャドウは明るめのカラーのものや、落ちても綺麗に見えるラメが入ったものなどを使うようにしましょう。

裏技⑥ アイライナー、マスカラはウォータープルーフのものを

目
化粧品は湿気に弱いため、ウォータープルーフタイプのアイテムを積極的に使用することがポイントです。

裏技⑦ リップはティントタイプが絶対的!

リップ
グロスや口紅は、すぐにマスクについてしまいがち。

そのため、最近流行しているティントタイプのものならマスクでも落ちない&長時間キープ間違いなし!

口紅を塗ったあとに塗ると落ちない口紅コートも効果的です。

マスクを外しても可愛くいよう♡

マスクをしているからって、自信を無くしちゃ勿体ない!

マスクを着用する日はぜひ参考にしてみてください♪

関連するコラム

関連するキーワード

ページトップへ戻る