美肌のコラム

これだけはやっちゃダメ!「健康美肌」を妨げるNGなことって?

美肌 2017.01.20

FotoliaComp_130878833_g6qzEruFlJUfmt0bHtDnZFmL1z6q5gEc_NW40
毎日お肌のケアを頑張っているのに、一向に肌の変化が感じられない…

と、悩んでいる方はいませんか?

「美肌」に繋がるものは、毎日のスキンケアだけではありません。

健康で美しい肌になりたい人は、まず基本的なところから見直してみましょう。

これだけはNG!いつまでも美肌になれない原因って?

NG

便秘

「老廃物をしっかり出す=美肌になる」と言われている通り、美しいお肌を手にいれるために欠かせないのが、老廃物をきちんと出すことです。

毒素が体内に溜まっていると、体にもお肌にも超悪影響!

FotoliaComp_104805171_bv8uHTpP33Ce0WvWwnX9VJyFTKQvFW4g_NW40
毒素を体の外に出す一番の方法は、排便です。

便秘がお肌に良くないと言われているのは、老廃物がきちんと出てくれないからなのです。
FotoliaComp_111494936_vnPuSUvVEHOc9MGTKvIrbcfmIV0DFK30_NW40
老廃物を出しにくくしてしまうものは、「冷たいもの」です。

冷えた飲み物や生野菜などばかり食べていると、体中の血流が悪くなり、毒素を出しにくくしてしまいます。

糖分の摂りすぎ

チョコレートやケーキなど、砂糖を摂りすぎていたら肌が荒れてしまったという経験はありませんか?

糖分を摂りすぎると血液がドロドロになり、肌のくすみ、乾燥の原因となります。
FotoliaComp_85780395_MQD9kd6rFgTFEOExXlBdWFxwKhTf3zoF_NW40
糖分を摂取しすぎると、体は糖質を外に出そうとします。

その際、外の紫外線を浴びてしまうことでシミやそばかすに変わってしまう可能性があると言われています。

運動不足

適度な運動をしないと、体内の巡りが悪くなり、老廃物も出にくくなります。

体内の循環が悪くなると、肌トラブルが起きやすくなってしまうことがあります。
運動
運動といえば、健康や美容のためにスポーツジムに通う人が増えてきていますが、肌のためならそこまでしなくても大丈夫です。

軽いウォーキングやストレッチなど、ほどよく体を動かすことを心がけましょう。

肌に悪い食べ物10選

カップ
・インスタント食品

・レトルト食品

・乳製品

これらの加工食品は、ビタミンが少なく、糖分・脂肪分を多く摂取してしまいがちになります。

また、たっぷり含まれている添加物が体からミネラルを奪う原因にもなっています。
コーヒー
・カフェイン

カフェインの摂りすぎは血管を収縮させてしまい、血流が悪くなることで新陳代謝も悪くなってしまいます。

そのため、肌のターンオーバーの乱れにも繋がり、乾燥、くすみ、シミやしわができる原因になります。

・ファストフード

ハンバーガーやポテトなどのファストフードは、カロリーが非常に高く脂分を多く含んでいるため、ニキビができやすくなってしまいます。
スナック
・スナック菓子

ポテトチップスなどのスナック菓子は、トウモロコシ、米粉、いも類、豆類などの炭水化物を油で揚げているため、油分が多く肌を酸化させてしまうことも。

毛穴の開き、黒ずみの元にも繋がります。

肌に良い食べ物10選

焼き鳥
・ほうれん草

・鶏レバー

・モロヘイヤ

・かぼちゃ

「βカロテン」を含む食品は、高い抗酸化作用を持っていることが特徴です。

βカロテンの抗酸化作用が皮膚の新陳代謝を促進し、乾燥や紫外線による肌トラブルを軽減します。
キウイ
・ブロッコリー

・パプリカ

・キウイ

「ビタミンC」を多く含むブロッコリーやキウイは、メラニン色素が作られることをを防いでくれます。

メラニンによるシミを予防したり、美白効果が期待されている食品です。
魚
・肉類(豚、牛、鳥)

・魚類

・貝類

肉、魚、貝類は「鉄分」を多く含んでいます。

鉄分は肌に大きな効果を与えてくれるといわれており、ハリ感、シミしわを防ぐことができます。

体の内側から見直しましょう

美肌は表面から作るのではなく、内側から土台を作っていくことが大切です。

日々の習慣や食べ物に意識できるようになれば、自然と美肌に繋がるということです♡
スポーツ

関連するコラム

関連するキーワード

ページトップへ戻る